合同会社設立料金表

※上記の料金はすべて税抜の価格で掲載しております。
※キャンペーン価格については顧問契約を前提としております。
  自分で設立 設立のみ依頼 手数料0円
キャンペーン価格
定款認証印紙代 不要 不要 不要
定款認証手数料 不要 不要 不要
登録免許税 60,000円 60,000円 60,000円
司法書士手数料 0円 50,000円 0円
当社手数料 0円 50,000円 0円
合計 60,000円 160,000円 60,000円

株式会社の設立料金を見る >

手数料0円キャンペーンとは?

一番お得なプラン。税理士顧問契約をしていただくことで「定款認証印紙代4万円」「手数料5万円」が0円になり、さらに会社設立のプロが手続きを代行します。今なら3大特典もついてきます。気になる税理士顧問料の月額費用は、会計業務、メール・電話による無料相談がついて9800円から。

税理士顧問料について詳しく見る >

3大特典!!

※キャンペーン価格の適用および3大特典は、税理士の顧問契約が前提です。

法人設立届(※)代行費用40%OFF!5万円→3万円

ラクラク帳簿管理!エクセル集計表プレゼント

会計ソフトサポート無料!

※法人設立届とは?
会社設立後、2か月以内に税務署へ提出しなければならない書類です。設立後もSBCが手続きを代行しますのでご安心ください。

会社設立のみのご依頼も可能です(税理士顧問契約なし)。事務手数料を含む通常料金で承ります。ご自身で設立される場合は、定款認証時に必要な印紙代4万円がかかります。会社設立@大阪にご依頼いただければ「電子認証」が可能なため、印紙代4万円はかかりません。どちらにするか迷われている方も、ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

このような方にお奨めです!!

  • 個人事業から低コストで法人化したい
  • 店舗経営など屋号以外に会社名が表に出ることはないが、法人化して節税はしておきたい
  • 法人化しないとネットモールに掲載できない
  • 取引先が大手で、法人契約及び法人口座が必要だ
  • 介護事業を始めたいが法人格が必要だ

合同会社とは?

「株式会社」などと同様、会社形態の一つです。会社にお金を出す人(株主)と経営する人(代表取締役)を分離できる株式会社とは違い、合同会社では基本的に会社にお金を出す人(出資者)と経営する人(代表社員)を分離することはできません。また、出資者の有限責任は確保され、出資額以上に責任を負わない法律となっています。

株式会社とは違い定款認証の必要がありませんので、会社設立の登記費用のコストは株式会社よりも安くなります。また、株式会社とは異なり役員に任期がありませんので、重任登記(任期後、取締役に改めて就任する登記)のための登記費用のコストも掛かりません。 詳細は、以下の合同会社と株式会社の比較をご覧ください。

【合同会社と株式会社の比較】

  合同会社 株式会社
対外的信用力 低い 高い
設立費用 6万円程度 20万円程度
出資と経営 一致 分離
持分比率 自由 株式所有割合に比例する
最高決定機関 出資者全員の同意 株主総会(取締役会設置会社)
取締役の任期 無制限 原則2年(最長10年)
計算書類の公示義務 なし あり

お気軽にお問い合わせください

0120-016-459 
平日 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
タップで電話