はじめての銀行融資

融資申請のポイント

日本政策金融公庫(旧国金)での資金調達

会社経営には資金が必要になってきます。資金調達の手始めに公的融資制度である日本政策金融公庫(旧国金)を活用しましょう。

1)銀行よりも金利が安い

日本政策金融公庫は何といっても金利が安い。

2)新規創業向けの融資

新規創業の方のみ対象とした融資枠があり、設立間も無い会社に設備資金や運転資金を融資してくれます。

3)ゆとりの返済期間

運転資金で5年以内、設備資金で15年以内に返済することが可能です。

融資を受けるポイント

融資を受けるポイントは、事業計画がしっかりしているのか、人間性はどうか、担保や保証人はいるのか、 経験など事業性がしっかりしているかなど事業への強い取り組みをアピールすることです。 特に日本政策金融公庫の場合には、開業準備金がどれだけあるのかも重要なポイントになってきます。

日本政策金融公庫を利用するには、事業計画書を綿密に作成すること、面接で事業の内容と意欲をしっかり示すこと、自己資金があることが重要です。

銀行の融資は、よほどの担保がなければ新設会社が受けられることは出来ません。

数少ない融資のチャンスを確実にものにする必要があります。

  • 会社設立の流れ
  • 会社設立のメリット・デメリット
  • 助成金の活用
  • はじめての銀行融資

問い合わせ

開業セミナー毎日開催中

設立料金

無料相談

会社設立メニュー

事務所情報

お役立ち情報 税制改正

事務所の外観

〒530-0051
大阪市北区太融寺町3番24号
日本生命梅田第二ビル3階
TEL:06-6315-1819

事務所は梅田すぐ近くです。 大阪駅・梅田駅から徒歩6分。

地図を表示する

活動エリア

大阪、神戸、京都、和歌山、奈良、滋賀など関西全域

経営革新等支援機関

TACNEWS11月号2012

税理士法人SBCパートナーズは『経営革新等支援機関』に認定されています。



中小企業庁 経営革新等支援機関一覧(外部サイト)

税理士法人SBCパートナーズ
税理士法人SBCパートナーズ