税理士顧問契約のメリット

税理士の顧問契約について

経営者という立場は、なかなか身近に経営に関する相談をできる相手がいないものです。そんな経営者の方にとって税理士による客観的かつ専門的なアドバイスは、必ず事業を良い方向に導いていく助けとなります。そのため会社経営において税理士との顧問契約は必須といえます。

会社設立@大阪の母体の税理士法人は、創業間もない会社から老舗企業まで、様々な会社の税務顧問をしています。

税務・会計の専門家としての各種法令に基づいた節税アドバイスにより、多くの会社の経営者をフォローしています。具体的には月次決算書(毎月の会社の数字を決算に相当する精度で作成した会計書類)の作成をして、その数字を元に利益予測や各種節税のご提案などを行っています。

【税理士顧問契約】
会社設立@大阪は、ここが違う!

顧問契約をいただいたお客様の経営状況は、複数名の税理士が定期的に目を通し、最新の税務情報を駆使しながら最適な節税対策を検討します。私達は、会社設立をお手伝いして終わりではなく、お客様の会社をいかに軌道に乗せ、黒字化していくか、その「成功」を見据えています。業界でもここまでのサポートは会社設立@大阪だけと自負しています。安心してお任せください。

税理士の顧問契約って必要?

創業時から税務顧問を付けたほうがいい理由

  1. 起業時の大切な時期に、会社の土台作りに専念できるから

    設立の専門知識をゼロから理解するのは時間がかかります。手続きに漏れがあるなどリスクも。ビジネスはタイミングも大切。ビジネスチャンスを逃すことが無いよう、手続きは専門家に任せて事業に専念してください。

  2. 経営のプロからアドバイスがもらえるから

    創業時は資金繰りなど不安がつきもの。あなたの周りに会社経営に詳しい専門家はいますか?アドバイスをもらえる環境ですか?創業時は資金繰りなど不安がつきもの。あなたの周りに会社経営に詳しい専門家はいますか?
    会社設立はあくまでスタート地点。スタートダッシュをするためには経営のプロからのアドバイスが必須です。

  3. 税金を多く払ってしまうリスクを避けられるから

    会社設立や会社経営をするなかで、あらゆる面に税金が関係してきます。インターネットや書籍で調べた情報だけを頼りに適正な節税をすることは困難です。税務顧問を付けずに会社経営をすると非常にリスクが高くなります。

税理士顧問料を見る >

お気軽にお問い合わせください

0120-016-459 
平日 9:00~20:00 土日祝 9:00~18:00
タップで電話